公益社団法人全国学習塾協会(会長:安藤大作、以下「全国学習塾協会」)と三重県(鈴木英敬知事)、認定特定非営利活動法人カタリバ(代表理事:今村久美)は、10月10日に災害時における子どもたちの心のケア、居場所の確保、学習支援などに対応するため、相互に協力することを定めた、「災害時の子ども支援にかかる連携と協力に関する包括協定」を締結しました。

 

協定書を手にする全国学習塾協会 安藤会長(左端)、右に、鈴木三重県知事、NPO法人カタリバ 今村代表理事、協力企業のウィルグループWILLハート会 土肥理事長

【協定の趣旨】
大規模災害時には、避難所生活の長期化などによる環境の変化が子どもたちには大きなストレスとなり、孤立や学習の遅れなどが心配されます。本協定は、関係機関が連携し、災害時の子どもたちの心のケア、居場所の確保、学習支援などについて検討・実施するものです。また、発災時に円滑に関係機関が連携し、早期に支援できるよう、平常時から三重県と全国学習塾協会、認定NPO法人カタリバの三者で協議を進めることとしています。
【当協会の役割】 全国学習塾協会は、三重県ならびに認定特定非営利活動法人カタリバと連携・協力して、災害時における子どもの学習する場所や学習指導を提供します。また、必要に応じて講師の派遣を行うなどして、地域の子どもたちに寄り添った継続的なサポートを行って参ります。

【締結式出席者】(敬称略)

三重県
知事  鈴木 英敬

公益社団法人全国学習塾協会
会長  安藤 大作

認定定非営利活動法人カタリバ
代表理事  今村 久美

安藤会長、鈴木知事と協定に関する三者協議の実務担当者・全国学習塾協会 清水秀樹理事(右端)

【協定締結団体について】
○認定特定非営利活動法人カタリバ
どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会をめざし、2001年から活動する教育NPOです。災害や貧困など、社会の変化に応じた教育活動に取り組んでいます。
○公益社団法人全国学習塾協会
民間教育を担う法人・個人に関する支援及び能力開発、調査研究、地域社会に対する貢献の推進等を行うことによって児童及び青少年等の学力養成の推進に寄与し、より良い社会の形成を推進することを目的として設立された法人です。

 

【問い合わせ先】
公益社団法人全国学習塾協会 事務局
担当:大木・田中
電話 03-6915-2293 メール info@jja.or.jp