社団法人 全国学習塾協会

安心塾バイト認証制度とは

認証制度導入の背景

安心塾バイト認証制度

2015年12月25日に厚生労働省は文部科学省と連携して、学生アルバイトの多い業界団体に対し、労働基準関係法令の遵守のほか、シフト設定などの課題解決に向けた自主的な点検の実施を要請しました。

これらの要請は、「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査」の調査結果を踏まえ、学生アルバイトの労働条件の確保に向けた取組強化の一環として行われたものです。

この調査では、労働条件の明示が適切になされなかった、準備や片付けの時間に賃金が支払われなかったなど、労働基準関係法令違反のおそれがある回答がありました。また、採用時に合意した以上のシフトを入れられた、試験期間にシフトを入れられたなど、学業とアルバイトの適切な両立への影響が疑われるものもありました。

厚生労働省が、今後も、大学生などに対する労働基準関係法令の周知・啓発や相談への的確な対応など、学生アルバイトの労働条件の確保に向けた取組を強化していく ということに加え、中でも学習塾業界は他の業界と明確に区別され、要請を受けているという背景から安心塾バイト認証制度の導入に至りました。

学習塾業界への要請文及び「学生アルバイトの労働条件に関する自主点検表」はこちら[PDF]

申請

■申請に必要な申請書類(新規の方)

安心塾バイト認証制度申請に必要な書類一覧[PDF]

申請書類作成用のサンプルデータCD申込書はこちら[PDF]

■審査の基準とポイント

詳しい基準・審査のポイントはこちらからご覧いただけます[PDF]

■審査の流れ

安心塾バイト新規申請審査のフロー

安心塾バイト認証制度

■申請事項の変更

申請書類の提出後及び認証後に、申請された下記の事項に変更がある場合は、速やかに変更の届け出が必要です。

◎変更届が必要な申請事項(事業所の移転・廃止)
  • ⑴事業所名
  • ⑵所在地 
  • ⑶電話番号
◎変更届が必要な申請事項(事業所の移転・廃止以外の事項)
  • ⑴事業者正式名称 
  • ⑵屋号
  • ⑶代表者氏名 
  • ⑷認証基準の運営管理責任者
  • ⑸ホームページURL
  • ⑹申請担当者氏名
  • ⑺担当者連絡先(送付先)住所
  • ⑻担当者電話番号
  • ⑼担当者FAX番号
  • ⑽担当者Eメールアドレス

上記のの事項(事業者名称、代表者、本社所在地)を変更した際は、登記簿謄本(個人事業者の場合は住民票)を添付してください。

【送付先】
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-39-2
公益社団法人全国学習塾協会
安心塾バイト認証事業部
「申請事項変更届け在中」と明記してください。
TEL 03-6915-2293 FAX 03-6915-2294

■様式のある申請書類(新規・更新)

新規
更新

■認証マーク使用手引き

第1章 総則
(趣旨)
1-1 公益社団法人全国学習塾協会(以下「協会」という。)から安心塾バイト認証マーク(以下「認証マーク」という。)認証付与を受けた者(以下「認証事業者」 という。)が、認証マークを使用する場合の表示及び使用条件等については、本手引きに定めるところによる。
(定義)
1-2 この規約において使用する主な用語及び定義は、 次による。
一 登録番号 協会が認証マーク付与に当たって付与事業者に付する番号をいう。
第2章 マークの使用
(使用できる範囲)
2-1-1 認証事業者は、 認証マーク付与の範囲を超えて認証マークを使用してはならない。
2-1-2 認証事業者は、認証マークを、名刺、ホームページ、宣伝・広告用資料、封筒、便箋その他これに類するものに使用することができる。
1-3-3 認証事業者は、設備、施設又は製品 (サービスを含む。) そのものが認証マーク付与を受けているとの誤認を招くような方法で、認証マークを使用してはならない。
(使用条件)
2-2 認証事業者は、認証マークの使用権について、貸与、再許諾、交換、譲渡、質入その他一切の第三者への提供を行ってはならない。
(有効期間)
2-3 認証事業者は、認証マークを、認証マーク付与契約(以下「付与契約」という。)で定める有効期間内においてのみ使用することができる。
(表示)
2-4 認証事業者は、認証マークを、別紙1の規定に従って、表示しなければならない。
(返還及び廃棄)
2-5 認証事業者でなくなった者は、 ただちに認証マークの使用を中止し、協会から受領した認証マークのロゴデータその他一切の資料 (バックアップのための複製を含む。) を、 速やかに協会に返還し、又は協会の指示に従って廃棄しなければならない。協会は、廃棄を指示したときは、廃棄した旨の証明書の提出を求めることができる。
第3章 権利の保全
(協力)
3-1-1 認証事業者は、協会が認証マークに係る権利の保全を行う場合は 誠意をもってこれに協力しなければならない。
3-1-2 認証事業者は、第三者が認証マークに係る権利を侵害していることを発見した場合、速やかに協会に連絡するものとする。
(第三者との紛争の解決)
3-2 認証事業者がこの本手引きに反して認証マークを使用したことにより、協会が第三者から損害賠償その他の請求を受けた場合、認証事業者は、 自己の費用と責任においてこれを解決し、協会に何らの負担もかけないものとする。
(違反に対する措置)
3-3 認証機関は、本手引きに違反した認証事業者に対し、是正措置の要求、認証マークの使用停止、付与契約の解除、違反事実の公表又は法的措置等を講じることができる。
第4章 改正
(改正手続)
4-1 本手引きの改正は、 認証判定委員会の審議を経て協会が行う。
(別紙1)認証の表示条件
(1)認証マークのデザインコンセプトは、次の通り。
鉛筆は学習塾を表し、ハートは従事するアルバイトの安全を表し、これらを囲む円形は認証基準を満たしていることを表している。
(2)認証マークは、下記に示すように、マーク部及び事業者番号により構成する。

安心塾バイト認証制度

(3)認証マークに使用可能な色

カラー時は、下記に示す色を改変せずに使用してください。

安心塾バイト認証制度

(4)登録番号

登録番号は、公益社団法人全国学習塾協会が採番して決定する。
•登録番号は全8桁とし、表示は下記のようにする。
nnnnnn(mm)
nnnnnn
事業者番号で、6桁の数字で表す。認証事業者に対して、協会が認証決定順に採番する。更新しても変更しない。
mm
付与の回数を示す( )付きの2桁の数字で、01からはじめ更新毎に1ずつ増加する。
付与の回数を示す番号の表示は、認証マーク事業者の任意とする。

(5)認証マークを表示できる場所等
1.認証マークは、認証付与決定された範囲で表示することができる。
2.認証マークを表示できる場所等は以下の通り。
  • ・店頭
  • ・契約約款
  • ・説明書
  • ・宣伝・広告用資料
  • ・封筒
  • ・便箋
  • ・名刺
  • ・ホームページ 等
(6)認証マークを無断で使用することを禁じる。無断で使用した場合には、法的措置を講ずることがある。
(7)WEBサイトでの認定マークの使用

1.画像データについて
・必ず協会から配布された電子データを原データとして使用してください。配布した電子データ以外の使用を禁じます。
・画像の縦横比率は変更不可です。また、名刺等に印刷をする場合においても、登録番号が確認できる大きさで使用してください。
2.リンク先の設定について
認証マークを“ボタン化”し、クリックすると安心塾バイト認証制度ウェブサイトへジャンプできるよう設定してください。

■申認証マークに関するFAQ

学習塾認証の消費者相談専用窓口

関連規定

関連ニュース

安心塾バイト認証取得事業者一覧

  • 公益社団法人全国学習塾協会において審査を行い、認証マークの使用許諾を得た事業者です。
  • 詳細はこちら NEW
ページの先頭へ